2017年03月22日

ハミルトン カーキ フィールド クォーツ H68551883

DSCN0039.JPGDSCN0040.JPG

ハミルトン カーキ フィールド クォーツについて評価したいと思います。

購入場所:トキア京都店

○インプレッション

機械式時計に疲れセイコーのプロスペックスを購入したところ思いの他使いやすくクオーツに移行していこうと思うようになった。
プロスペックスは不動のメンバーという定着ぶりでステンブレスはこれで決定したのでドュファはいまいち定着せず手ばなしてしまったので革ベルトでカジュアルな感じの時計を探すことにした。
基本シンプルなのがすきなのでハミルトンのカーキは前から気になっていたがたまたまトキアにておそらく平行輸入ものであろうカーキのクォーツモデルが安く売っていたんで飛びついた。
使ってみた感想であるが可もなく不可もなく値段なりという感じ、やや秒針の位置がずれているのはご愛敬、でも定価で買っていたら微妙かな。
DSCN0041.JPG
正直、仕上げやデイテールは同価格のセイコーやシチズンの方が良いように思う。
5気圧防水でリューズはねじ込み式ではないので防水性はあまりなさそう、あまり濡らさない方がいいような雰囲気がある。
ダイヤルが艶のあるブラックなのだがこれが光を反射して視認性は良くない、ジャズマスター系ならいいがカーキ系はミリタリールーツなのだからつや消しの黒か反射しにくい素材にしてほしかった。
DSCN0042.JPG
バックルもハミルトンのHをもじった意匠になっているが二本爪はいまいち使いにくい。
ベルトもスエードっぽい素材で汚れが気になるのとドレスかカジュアルか微妙な風合いなのでモレラートのベルトに好感した。
DSCN0043.JPGDSCN0044.JPG
モレラートのガットゥーソというクロコ型押しのベルトであるが時計以上にこのベルトが好印象であった。
厚みがあり発色も良く厚めのクロコ型押しのベルトとしてはかなりおすすめである。
このベルトをつければ安物でもそこそこ高級に見えてしまうくらい出来が良い。
時計自体の総評としては定価からすると気持ち高いような気もしてしまうが値引き後の実勢価格なら妥当かなと思える時計である。

満足度  70点(モレラートのベルトは100点)





posted by マニアイズム at 21:00| Comment(0) | 時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする