2018年03月01日

アークテリクス ソリウム AR フーディー

DSCN0259.JPG

アークテリクス ソリウム AR フーディーについて評価したいと思います。

購入場所:ネットショップ

〇インプレッション

バイク用のインナーダウンとしてアトムARを使用していたが寒さが厳しくなり更に保温力の高いダウンインナーを購入することにした。
セリウムARあたりが本当は第一候補であったが定価も高いので断念、たまたまネットでソリウムがセールになっているのを見かけ衝動的にポチってしまった。
セリウムよりも定価が安くさらにセールになっていたのでアークのダウンインシュレーションでは格安の値段で買えた。
見た目やシームの入り方はセリウムの方がアークらしくシルエットもスマートであるがソリウムでも十分他のアウトドアブランドのライトダウンと比べてもスマートな方である。
肝心の保温力であるがほとんどアトムARと差は感じれない誤差で少し狙いが外れてしまった。
一応街着のライトアウターとしての使用も考えていたのでフーディーを購入したので少しキャラのすみ分けはできているような感じはする。
着はじめはソリウムの方が温かさがわかりやすいが時間が経つとほぼ同じで軽さや収納性ではソリウム、濡れても安心なタフさや熱のこもりにくさではアトムと化繊とダウンの長所短所がわかりやすい。
ジッとしてるようなシチュエーションならソリウム、運動量のあるシチュエーションならアトムといった使い分けが適切かなと思われる。
DSCN0262.JPGDSCN0263.JPGだアークのジャケットの中でも比較的リーズナブルな分ディテールはやや簡略化されているような箇所は見受けられるが使いにくは全くない。
ライバルはパタゴニアのダウンセーターあたりになるがボリューム感はダウンセーターの方が少しあるような感じがした、値段的にもセリウムだとグッと値段があがるがソリウムならそれほど差がないのでデザインの差でダウンセーターを考えている方もありな選択だと思われる。

アークテリクスにしては珍しくスタッフバッグがついておりコンプレッションして収納可能。
ナノパフやフーディニよりは大きいのでボディバッグに携帯は辛そうだがデイパックや20L程度のバッグなら携帯してもいいサイズである。

満足度  80点(値段と性能だけなら90点だがアトムARより暖かさを期待したので)




posted by マニアイズム at 22:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする