2016年01月03日

カナダグース カムループス

IMG_0003.JPG

カナダグース カムループスについて評価したいと思います。

購入場所:ロフトマン京都

〇インプレッション

 バイク用のウインタージャケットを購入したものの、イマイチ防寒性が物足りないので最強の防寒着カナダグースを購入することにした。
バイク用なので着丈が短めなものをチョイス、チリワックの後継のラブラドールは廃盤になっていたのでコンスタブルパーカの後継モデルのカムループスを購入することにした。
日本仕様向けにスリムにしてある分ダウンの量はコンスタブルパーカに比べると少なくなっている印象。
着た感じも以前のカナダグースに比べると着た瞬間に感じる圧倒的な保温性は若干トーンダウンしたように感じた。
希望としてはスタイルよりも機能性重視の他を寄せ付けない圧倒的な防寒性だったので微妙な感じである。
サイズ的には以前ならSで良かったが170センチ70キロの私で日本モデルのSはややタイトな印象で中にセーターやフリースを着た場合を考えMをチョイス。
従来モデルのMに比べるとスリムになっているので気持ち大きめかなという程度で問題なし、バイクなどやや前傾したり動きを考えると逆にMでちょうど良いくらいであった。
IMG_0004.JPG
フードはコヨーテファーではなく着脱可能なややシンプルな作りだがほぼ飾り程度なのでこれで十分、バイクに乗るときは取り外し、街着として使うときはつける等TPOに合わせられるので〇
IMG_0005.JPG
フラップもパラシュートボタンでなくベルクロで実用的、ボタンをとめる必要なく勝手にとまってくれジッパーからの風の侵入を防いでくれる。
IMG_0006.JPG
サイド部にベンチレーション用のジッパーがあり温度調節やジャケットの上に羽織る際に開けるなどこちらも使い勝手の良い作りになっていて良い。
肝心の防寒性であるが以前のボリュームがある時の圧倒的な感じはなくなったが作り的に一般的なダウンジャケットに比べしっかりしており風も進入しにくいように工夫がされておりやはりワンランク上の防寒性は確保されている。
デザイン優先のダウンジャケットに比べて間違いなく違いを実感することはできるだろう。
カナダグースは過去に2着ほど購入したことがあるがこのブランドに出会ってから他のダウンジャケットを買う気にはなれなくなってしまった。
価格は安くはなくむしろ高価ではあるが値段なりのスペックはあると思っていいだろう。


満足度  90点





posted by マニアイズム at 21:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。