2017年01月11日

ベルスタッフ トライアルマスター

IMG_0311.JPG

ベルスタッフ トライアルマスターについて評価したいと思います。

購入場所:デグナーヘッドショップ

○インプレッション

 バイクの冬用ジャケットとして昨年はカナダグースのカムループスを使用していたが思いのほか素材のアーキテックがオイルなどの汚れが付きやすいのが気になりバイク専用にするならともかく街着用としても使用することを考えると想像以上に劣化、汚くなってしまうことは避けたかったのでバイク専用のウインタージャケットを購入することにした。
当初、ゴールドウインのユーロクラシックジャケットを考えていたが結構効果な上、パッと見はそれほど高級感はなく半額程度のジャケットと見た目の差は感じられなかったので躊躇していたところベルスタッフからバイク用ラインが出ていることを知り実物を見てみることにした。
IMG_0317.JPG
オイルドジャケットということで以前街着用にバブアーを購入しいまいち使いにくい印象であったが実物を見るとゴアテックスジャケットにはないクラシックで濡れた質感はオイルドジャケット独特のものでほれ込んでしまう。
IMG_0312.JPG
また今はワックスコットンと呼ぶようで触った感じもさらっとしておりベタベタした感じはあまりせずより扱いやすい自然な風合いで手に取りやすい印象であった。
値段はイタリア製でワックスコットンだけあってゴールドウインのゴアテックスジャケットに近いものがあるが独特の存在感とレア度で思わず衝動的に買ってしまった。
サイズ的には表記サイズSで日本のMLサイズ程度、店頭にSサイズしかなかったので比較しにくいが普段はMだとややたいとLサイズで気持ちゆとりがあるかなという感じなのでLに近いサイジングに思う。
表記サイズでMだとL〜LLに近くなってしまうかもしれない。
特に外国モデルなので袖などは表記Sでもやや長めでMにすると手袋と干渉して運転しにくいかもしれないしライダースなのでややタイトめでもおかしくないので普段Mサイズなら迷わず表記S、Lサイズでも表記Sもありくらいの印象である。

使ってみた感想であるがワックスコットンジャケットはバイクに乗るためにあるといってもいいほど相性は良い。
街着としては重いし、人混みでは気を使うし、通気性はコットンに比べ劣りやや蒸れる感じがあり良い印象はほとんどなかったが一たびバイク用として使用するとコットンジャケットに比べ防風性は高く、オイルがしみ込んでいる効果か断熱性も高く外の冷たさがあまり内部に伝わってこない印象、中は薄手のキルティングになっているが見た目よりもかなり保温性や防風性は高い。
IMG_0318.JPG
いわば天然のゴアテックスジャケットといった感じである。
バイク用ということでプロテクターもしっかりしたものが肩と肘に入っており背中は別売りだがポケットがあるので汎用品を入れて使用している。
持ってみるとズシリとくる重さだが着てしまえばそれほど気にならない。
私の購入したのは少し前のモデルのようでライナーが取り外しできないが最新のモデルは取り外しができるようなのでゴアテックスジャケットの代用として春秋冬と使えそうである。
正直、一度バブアーで失敗しているのでワックスコットンには期待していなかったが良い意味で裏切ってくれたように思う。
街着としてはおすすめできかねる素材だがバイクや釣りなど人と接触せず防風、簡易防水が必要なケースにはゴアテックス並みに優れた素材に化けてくれるアイテムである。
値段が高いのとやはりゴアテックスに比べると劇的に重たいので差し引いて採点

満足度  90点

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Belstaff Trialmaster Jacket Man カラー:クラシックブラウン サイズ:M
価格:83160円(税込、送料無料) (2017/1/11時点)






posted by マニアイズム at 21:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。