2018年03月01日

アークテリクス ソリウム AR フーディー

DSCN0259.JPG

アークテリクス ソリウム AR フーディーについて評価したいと思います。

購入場所:ネットショップ

〇インプレッション

バイク用のインナーダウンとしてアトムARを使用していたが寒さが厳しくなり更に保温力の高いダウンインナーを購入することにした。
セリウムARあたりが本当は第一候補であったが定価も高いので断念、たまたまネットでソリウムがセールになっているのを見かけ衝動的にポチってしまった。
セリウムよりも定価が安くさらにセールになっていたのでアークのダウンインシュレーションでは格安の値段で買えた。
見た目やシームの入り方はセリウムの方がアークらしくシルエットもスマートであるがソリウムでも十分他のアウトドアブランドのライトダウンと比べてもスマートな方である。
肝心の保温力であるがほとんどアトムARと差は感じれない誤差で少し狙いが外れてしまった。
一応街着のライトアウターとしての使用も考えていたのでフーディーを購入したので少しキャラのすみ分けはできているような感じはする。
着はじめはソリウムの方が温かさがわかりやすいが時間が経つとほぼ同じで軽さや収納性ではソリウム、濡れても安心なタフさや熱のこもりにくさではアトムと化繊とダウンの長所短所がわかりやすい。
ジッとしてるようなシチュエーションならソリウム、運動量のあるシチュエーションならアトムといった使い分けが適切かなと思われる。
DSCN0262.JPGDSCN0263.JPGだアークのジャケットの中でも比較的リーズナブルな分ディテールはやや簡略化されているような箇所は見受けられるが使いにくは全くない。
ライバルはパタゴニアのダウンセーターあたりになるがボリューム感はダウンセーターの方が少しあるような感じがした、値段的にもセリウムだとグッと値段があがるがソリウムならそれほど差がないのでデザインの差でダウンセーターを考えている方もありな選択だと思われる。

アークテリクスにしては珍しくスタッフバッグがついておりコンプレッションして収納可能。
ナノパフやフーディニよりは大きいのでボディバッグに携帯は辛そうだがデイパックや20L程度のバッグなら携帯してもいいサイズである。

満足度  80点(値段と性能だけなら90点だがアトムARより暖かさを期待したので)






posted by マニアイズム at 22:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

パタゴニア ナノパフベスト

1515571095656.jpg

パタゴニア ナノパフベストについて評価したいと思います。

購入場所:パタゴニア 京都店

〇インプレッション

 アウトドアなど外に出かけた時のプラスα防寒用に冬のインナーダウンを購入することにした。
最初はモンベルのものを考えていたがデザイン的にイマイチなので他メーカーで探すことにしたアークテリクスのセリウムなども恰好いいのだが値段がインナー用にしては高いので断念、また基本インナーとして使用前提なので汗や湿気に強い化繊のものにすることにした。
プリマロフトが安定感の暖かさがあるのはわかっていたので価格、デザイン、収納性などからパタゴニアのナノパフにすることにした。
実際店頭にて手にしてみると予想以上に薄くこんなもので保温なるのかと不安になったがネットの評判がすこぶるいいので購入してみることにした。
サイズ感はややタイト目ではあるが動きにくさはない。
使ってみた感想であるが確かに良い。
ダウンベストのような歴然たる暖かさはないが防風性と控えめな保温材により暑すぎづ寒くないほどほどの保温性能で非常にいい具合に体温を保ってくれる印象である。
運動量の少ない局面でのアウターとして物足りないがハイキングなど体を動かす局面でフリースなど防風性がないミドルの上に風よけ+として使用したり街中であまり動かない局面でのインナーダウンとして使用するには抜群に使いやすい。
レイヤリングと同じでオーバーすぎると逆に使い勝手が悪くなってしまうのだなと痛感させられる逸品である。
1515571107070.jpg
パタゴニアらしくジッパーなどは使いやすく顎に当たらないように工夫もされていて雑な部分はない。
1515571115950.jpg
収納は胸の裏ポケットにクシャクシャと入れ込む方式であるがこれが実に扱いやすい。
別にスタッフバックにいれる方式だときちんと畳んでいれなければならず、入れる作業が少し面倒に感じてしいう頻度がへってしまうかもしれないがこのポケットねじ込み方式だとたったままクシャクシャとまるめれば10秒ほどで収納できてしまうのでその作業を意識しなくてもいいのでかなり使いやすい印象である。
また取り出しても皺がそれほど気にならないしすぐにきれいになるので気負わずクシャと収納できる。
1515571124720.jpg
写真では大きく見えるが少し袋が余裕があるので実際は容量にして1.5Lくらいといった印象。
ダウンよりは少しだけかさがあるがボディバッグなどに入れても問題ない大きさである。
今までパッカブルの製品をあまりつかってこなかった便利さに脱帽してしまった。

満足度  95点





posted by マニアイズム at 22:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

アークテリクス アトムAR ジャケット

1514357793492.jpg

アークテリクス アトムARジャケットについて評価したいと思います。

購入場所:ネットショップ

〇インプレッション

 オートバイに乗るときのジャケットの下に着るインナーダウン的なアイテムが必要になり物色。
どうせ買うならミドルレイヤーとしてはもちろんライトアウターとしてもつかえそうなものを探すことにした。
ノースフェイスのサンダージャケットは似たようなのを以前持っていて保温力は間違いないのだがデザイン的にイマイチ斬新さがなく飛びつくほどでもなかった。
ダウン系は今まで買ったことがありプリマロフトのような化繊系をためしたかったこともあり評価の高いアークテリクスのアトムにすることにした。
LTかARで値段がそれほど差がないのでどうせならと暖かいほうのARにする。
サイズは170センチ75キロ、ややぽっちゃり気味で普段はLサイズを着ることが多い私でMサイズで少しゆとりがある程度、ミドルレイヤー専用ならSでもいいくらいだがアウターとして使う時に中にトレーナーなどを着ることを考えるとMサイズで正解であった。
使ってみた感想であるが快適そのものである。
今までは保温力が高いものがいいものだと思っていたがこのアトムARを着てその考えは変わった。
暖かさでいえばダウンであるが熱がこもりにくく暑すぎず寒すぎない適温に保ってくれる印象。
ダウンだと最初は暖かくていいのだがだんだんと暑くなり街中では暑くて来ていられない状態で脱ぐしかないがこのアトムARは最初はそれほど暖かく感じないもののほどなくして適温まで上がり程よく抜けがよく蒸れない感じで着たままで街中は行動できる印象である。
ダウン系はカナダグースの日本スペックのものを所持していて以前は真冬は街中でも使用していたが日本スペックとはいえ温度調節が少し難しい部分があったがこういったレイヤリングしやすいアイテムは汎用性が高く活躍の場が多いように感じた。
下に薄手のインナーダウンやフリースを着ることもできるし、さらに上にハードシェルを着ることもできる懐の深さがあるように思う。
1514357784374.jpg1514357774849.jpg1514357759790.jpg
袖は伸縮性の高いリブ状になっており冷気の侵入を防いでくれる、フロントファスナーも顎に干渉しないようになっており、裾も搾れるように基本的な細かなディテールは工夫がなされている。
1514357803269.jpg
胸のロゴは反射するようになっており少し高級感のあるプリントになっている。
パッと見はどこにでもある化繊のジャケットだが一度手に入れると日常ユースでは抜群に扱いやすいアイテムで高価なダウンジャケットよりも費用対効果はかなり高いように思う。
ひとつだけ希望を言えば2Lのスタッフバッグに入るサイズなのでできれば付属さしていただけたら最高にうれしかったのであるが。

満足度  95点




posted by マニアイズム at 20:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。