2018年07月30日

VWフォルクスワーゲン ゴルフ7 ハイライン その後

IMG_6347.jpgIMG_6346.jpg

VW ゴルフ7 ハイライン 3年半30000キロ経過時点での評価をしたいと思う。

〇インプレッション

購入当初に感じていた質の高さは今も変わりなく相変わらず満足度は高い。
メンテナンス費用も5年保証とメンテナンスパックに入っていたので全く追加費用はかかっていない。
3年目の車検をディーラーで受けたがトヨタ系のVWディーラーだったのとすすめられたバッテリー交換は自分ですることにしたので法定費用込みで10万そこそこで済んだので国産車とあまり変わりなくすんでいる。
※バッテリー交換はディーラーで工賃込み5万程度の提示だったが自分でアマゾンでVERTA製の対応品を購入し2.5万円程度に抑えた。
※ネットで自分でバッテリー交換をするとしばらくエラー表示がでるとのカキコミがあったがバックアップをしっかりとれば全くエラーはでなかった。
三年目の車検の際、ひやかし半分に国産ディーラーの同価格帯の車にのってみたが正直イマイチで街中チョイノリにはいいが長時間のるにはしんどいように感じてしまった。
サスペンションやボディー剛性の違いもあるが一番違いを感じたのがシートの作りに思える。
もともと腰痛持ちなので余計に敏感ではあるが国産車が普通のイスをとって付けたような印象なのに対しゴルフのシートはしっかり乗用車を運転することを考えつくしてつくられており長時間乗っても腰がいたくならない。
慣れていたのであまり感じなかったが試乗してみてあらためてゴルフの良さに気づかされることになった。
また購入当初はあまりつかっていなかったACCも高速ではガンガン使えるので非常に便利だし2013年時点でこのグレードで停止まで可能なACCを搭載していたのは今となっては先進的であったように思う。
国産ミニバンのような便利さはないが車の基本性能の高さを考えると国産車よりもコスパは高いように思う。
7速DSGについてであるが購入当初オートブレーキロックをOFFにして走っていたらよく出足で大きな変速ショックに出くわしていたがこの現象はオートブレーキロックをONにしているとほぼなくなったので同現象を体感しておられるかたはためしてみてほしい。
信頼性で揶揄される乾式7速DSGであるがこの車の楽しさの大きな所以であるので痛しかゆしといったところである。

満足度 90点(大きな不満点はないが7速DSGの心配のみ減点)





posted by マニアイズム at 20:00| Comment(0) | バイク・車関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。